【フットコン操船修行】ハイパーバックシーターが操船練習はじめました!

こんにちは。

自称ハイパーバックシーターSIMOSAKANAです。

最近は、丸一日じゃないですがちょこちょこと操船練習をはじめました。

 私はビビリなバンビです。

先日あげた記事でひとり操船デビューしよう!と書いたんですが…

いきなり一人デビューをして、二度と桟橋に帰ってこれなくなったらどうしよう…と心配だったので、とりあえず夫に後ろから見守られながら練習をはじめました。

立ちながらの操船って!ビビリますね!

我が家のミドルデッキの上で「落ちたらどうしよう…」と、生まれたての小鹿なみの足取りで立ち操船しています。

立ち操船はボートがグラグラするしそれに耐えながら操船して釣りして…と慣れるまでが大変ですねえ。

最初はおっかなびっくりでしたが、徐々に立っていることには慣れて左右足を入れ替えつつやると操船しやすいと気づいたり、少しずつ操船の楽しさがわかってきたような気がします!

サヨナラカバー!

と、なんとなく操船している風の形を取れるようになったんですが…

惰性を考慮しつつ静かに、かつ目標とするカバーを行き過ぎないようにするのが結構難しく苦戦しています。

「あそこのカバー撃ちたい!」と思ってじんわり近づいていくけど操船に気を取られてるうちに通過してしまってサヨナラカバー状態が多発しているのです。

もうこれは回数積んで修行していくしかないですね。

着岸ができない!

一人ボートデビューをした時の一番の心配が着岸です。

スカスカ桟橋だったらなんとなく出来るんですが、帰着時間の桟橋ってギリギリまで釣りしてると混み混みで…激突事故を起こしそうです…。

なので着岸ができるようになるまでは一人デビューは厳しいかも…と思っています。

いつまでも帰着できずに桟橋付近を漂ってたら迷惑ですしね…。

SHIMANOのフットコンバス!

(写真はFOOTCONBASSよりお借り致しました)

なんだか操船はじめようと思ったら、ちょうどよく始まった田辺さんによるSHIMANOのフットコンバス!

動画は#0~#5まですでにYoutubeにて公開中です。
レンタルボートをこれから始めよう!って方に楽しみ方のご紹介的な動画になっております。

操船練習をはじめるにあたって、フットコン操船について「こうゆう時はこうする」的なものがないか調べたんですが、エレキの扱い方については出てくるんですが、具体的な操船方法がなかなかヒットしません。

フットコン操船に慣れてる方が当たり前にしていることの中で、すごく大事なことが隠れているんだろうなあと思うので、フットコンバスで今後そうゆうところにも突っ込んでくれるのを期待しています!

自分操船で釣りたい!

時間がかかりそうですが、当面の目標は着岸とサヨナラカバーにならないように気をつけつつ、自分操船で魚を釣れたらいいなと思っています。

惰性を把握して操船していくのは…もっと時間がかかりそうです…

頭で考えててもわからないので…とにかく操船する時間を長くして体で覚えていかねば!

自分操船で釣れたら、小さくてもすごく嬉しいだろうなあーっと、すでに妄想の中で感動しているので実現するよう頑張ろうと思います!

今のところ自分操船ではぜんぜんアタリもなくて、写真のような寂しい背中で操船しております…。

さびしげ背中で小鹿並みに震えながら操船している人いたらそれは私だよ。

 

 

facebooktwitterやってます!フォローお待ちしております!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

くすっとしたらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA