限りなくボウズに近い子バス@片倉ダム

3週連続!!片倉ダムにレンタルボートで、バス釣りに行ってきました!

週を重ねるごとに、片倉愛が増していきますね。

ラダーも購入したので、ラダーパワーで真冬のデカバス狙ってきましたー。

この日の最高気温10度!測ってないですが、ぼちぼち水温も10度切ってる感!


今週は笹川ボートから出艇!ラダー初装着!

2連続で、もとよしボート出艇だったので気分を変えて笹川ボートから出てみました。

ラダー製作者のばちおさんのおススメ通り、本体とフィンを繋ぐ紐も購入したので万が一の落下対策もバッチリです!

購入した紐は、最大3キロまで荷重できるやつにしたヨ!

img_9130

念のため、桟橋への係留ロープも装着し、まずは笹川ボートまわりを流していきます。

img_9135

お水濁り気味…

img_9134

写真のとおり、お水は結構濁り気味でした…。

笹川ボートからの出艇が久しぶりすぎて記憶がないんですが、いつもこんなもんでしたっけ…。

そして風が強いヨ!

夫婦そろって神頼みダウンショットする気まんまんだったので、3.5gシンカーで投げていた夫はボトムを取るのに苦労しておりました。

私は、前回からブームのフラッシュJスプリットテールのヘビダンで、シンカー7gだったので、そこまでやり辛くはなかったですが、ボートが流されちゃって難しかった…。
img_9131

でも!ラダー効果か、いつもは船頭を軸に流されていたのに全体的に流されてる感、感じました。

ボートのお尻ふりふりも気になりませんでした!ラダーパワー!ウェーイ!


ショートバイトもない!

とりあえず、ダムサイト方面へ移動しシャローや岬まわりを色々やってみますが、先週はあんなに苦しめられたショートバイトもない…。

img_9133
板おもりを装着したグリマーを試すも、板おもり付けたら全然ミドストってくれなくてすぐ取りましたよ。なんだかいつもこうです。余計なことばかりしちゃう。

img_9132
うすらカバーには、一口サイズ3inchブルフラットのビフテキもしてみますが、カバーにいる気がしない!

先日自分で色塗りして尻尾を付けてそして尻尾をむしったシャッドも投げてみますが…チェイスもなく…巻くスピードにバスがきっともう付いて来れなくて食べること諦めてる感が凄くする…!!

バスたち、ほんとにスーパーディープへ行ってしまったのか…。

魚探がないので、なんちゃってディープを勘でダウンショットしていきます。


赤ちゃんバス来たよ!

とりあえず、対応できる限りのディープを探して彷徨います。

最初は立木や沈み木を気にしてたんですが、ラインも8ポンドだし立木付近も気にせず攻めてみようとヘビダン投げていきます。

立木と立木の間に投げて、ボトムについたらずる引き。引いたらラインテンションを緩めてを繰り返すと、100%はっきりとしたアタリが!!

一息おいて、合わせてみます!

結構重い巻き心地スル!50はない!けれど40はあるんじゃないか!という期待で胸を膨らませつつ、木に巻かれない様にゴリ巻きします。

が、急に軽くなって「まるで重さ感じねえ!」状態になりキャッチしてみたら赤ちゃんでした!
img_9139
img_9144
ラインが沈み木をまたいでたみたいで、重く感じたようでした…。
姿が見えた瞬間「赤ちゃーん!」と叫んでましたヨ。

で!も!赤ちゃんでも嬉しいヨ!
「お母さんかお父さん呼んでこーい!」とリリース。

子バスを釣りあげた私を見て、夫は安心したようでした!


何も起きずに納竿のお時間です。

その後、やはり水深があってストラクチャーがあるところがいいのかなと思い、キャストしていきますが無!

夫は、強風の中の操船とボトムが取り辛い事に一日翻弄され続けていました。

陽が暮れ始めたら急に極寒になり、グローブから出ている指先が痛かった…。

ブルブル震えつつ、帰着ギリギリまで粘りましたが、何も起きませんでしたー。

ドラマ魚うちには来てくれないのかな…。

この日は寒くなるだろうと思っていたので、数年前に買ったモンベルのスーパーモコモコダウンを着ていったんです。
img_9143
こんなにモコモコなのに夕方は寒かったです!ラップスカートもモンベルで、まるでモンベルにスポンサードされているかのような姿です。


曲がり角大好き。

先週も今週も釣れたポイントは水深のある曲がり角でした。曲がり角に魚が溜まるって本当なんですねえ。

バスの気持ちになって想像してみると、「寒いわー辛いわー」っと泳いできて水深がある曲がり角+沈み物があるポイントで、休憩したりするんですかね。

片倉ダム名人の高橋洋一さんのブログを読んでいたら、冬もバスはスクールしているみたいですね!
高橋洋一さんのブログ・BASSDOG
帰着後に高橋さんお見かけしたので聞いてみれば良かった!けど小心者なので話しかけられない!

あと、大きなバスは寒くなってもシャローに残る伝説がにわかに信じられないんですが、都市伝説とかじゃなくて、本当に本当なのかな!


まだ釣り納めない!

青木大介でさえとうとう釣り納めたようですが、我が家まだ釣り納めない!

夫がこんなんじゃ納まらない!と言っていたので今週末も釣り行くヨ!

強風過ぎて、ラダーパワーも堪能できていないし!

風邪ひかないように気を付けます~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

くすっとしたらシェアしてね♪

3 件のコメント

  • こんにちは。たまたま覗いたら私の名前があって驚きました(笑)冬になるにつれて移動エリアと捕食エリアが狭くなるので、魚探をお持ちではないようでしたら中島沖や宮ノ下みたいなフラットエリアでスタンプや岩など引っかかる場所を流した方がバスと出会える確率は高くなると思いますよ。これからの時期だと厳冬期になるので10mくらいまでは1m1秒と考えてカウントすれば水深が分かるので8~14mくらいまで探してみてください。見かけたら気軽に声掛けてくださいね。

    • いきなり登場させてしまってスミマセン💦コメントありがとうございます!
      アドバイスまで!ありがとうございます😊
      しばらく魚探なしなので試してみます!いつもこなつちゃん写真楽しみにしてます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA