【いつまで続く!?】釣れ釣れの三島ダムのバス達のことが心配なんだ…。

連日50UPがポコポコ飛び出している三島ダムですが、この三島ダム大フィーバーはいつまで続くのかな?バスは大丈夫なのかな?

釣れ釣れ故に心配だ…と思うことがあるのです。

はじめての50UP率高し!

三島ダムのボート屋さんの釣果報告を眺めるのが日課なんですが…

はじめての50UPを三島で釣られる方が結構多いですね!

他のフィールドに比べるとデカバス釣れる率は高そうに見えますよね。

そんな私もあわよくば50UPを釣ってみたい!と通ってますが全然釣れないぜ!

40UPは結構多いなって思うんですが、50の壁が厚い…最大48cmで止まっています。

48502cmの差なんて大した問題じゃないぜ!とかっこつけたい気持ちもありますが…あわよくば大きいの釣りたいしロクマルとか夢みたい♡

でも釣果報告だけで見るとフィーバーしてますが、私のような初心者にはそうそう釣れないなというのが私の印象です。

そして…40cm台のバスの数が多いってことは…

このまま順調に成長してくれれば、数年後には50UPだらけになるのかな!と妄想も膨らみますね。

釣り人ジレンマ

三島ダムで釣れたバスの口には今日すでに釣られたような針跡があることが多々あります。

あとは口の薄い膜部分に穴が空いてるバスとか、釣られすぎ故に傷があるバスにも多々遭遇します。

もちろんピンピン元気なバスも多いですが、同日に複数回釣られちゃうなんて…どんだけ腹ペコなのよ!と思ってたんです。

が!この子達は、こんな状態が続いたら生き延びられるのかな?ってちょっと心配になっちゃいます。

傷があるバスが釣れると嬉しい反面心配になっちゃてリリース時に

「もう釣られちゃダメだよ、深いところへ逃げなさいよ!」

と声かけたりしちゃうんですが自分で釣っておきながら!どの口が言うんだ!とも思い、このなんとも言えない釣り人ジレンマが苦しい…。

あと釣られすぎが原因なのかは不明ですが、以前に豊英筋を上がっていった時にすでに減水していてボートから底がよく見えまして、バスの死骸が複数沈んでいるのを見たんです。

ここ以外のエリアでも、三島ダム以外のフィールドでもこうゆうふうに死骸が沈んでるんだろうなあって思って、また釣り人ジレンマに苛まれてしまう…。

 釣りブロガーの方々もリリース後のバスの生存率について書かれています。

 

豊英ダムはどうだったんだろう?

2016年にバス釣り解禁された豊英ダムも最初は現在の三島ダムのような感じだったんでしょうか??

我が家がはじめて豊英ダムに行ったのは2017年の8月で、その頃にはすでに渋めになっていたんですが、三島ダムも1年経過すればこの大フィーバーは落ち着くんですかねえ。

でも三島ダムってレンタルボートが解禁になったってことで、以前からマイボートの方たちのプレッシャーはあったと思うんですが、数が少なかったのかな。

ケガしているバスや、死んでしまうバスのことを思うと釣りたい!そりゃ釣りたいけれども!はやくスレちゃってくれ!とも思うのです。

究極は釣りやめる…

私結構バスのこと大好きで、上記のようなことを心配したりしちゃうんですが…そんなに心配ならば究極はもう釣りやめるに行き着いてしまうんですよね…。

バス釣りはやめられない…でも心が痛むことも確か。

見なかった気づかなかったことにして楽しめばOKって訳にもいかないので、やはり釣れたバスのリリースは速やかに!とか早めにランディングをする!とか釣っておいて申し訳ないけれど、バスが長生きできるよう気をつけようと改めて思いました。

こんなに楽しませてくれてるのに釣り人がバスにできることって少ないですね。

三島ダムが長く楽しめるフィールドになればいいなと願っております。

 

facebooktwitterやってます!フォローお待ちしております!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

くすっとしたらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA